足腰に痛みのある高齢者のリアルな体験記録

高齢者で足腰が悪くて日々苦労している方のリアルな日常や工夫、経験を紹介しています。下肢の筋力低下や病気がきっかけで日常生活に支障がでていることや家族のサポート等を生々しくかつ、今後の皆さんの参考になればと思います。

【スポンサーリンク】

足腰膝の痛みを抱える60代女性の日常体験を取材してみた

私は62歳になる女性です。

仕事で膝を痛めてからがひどくなっている

普段は立ち仕事で、ファミリーレストランで深夜から朝にかけて20年間接客をしています。
同世代は孫と遊んでいる世代ですが、私はまだまだ現役です。週に40時間も働いています。

長年足を酷使したせいか、最近は膝に不調を抱えています。歩くだけでも膝がとても痛いです。きっかけは、いろいろあるのですが、特に大きいのは空き缶つぶしの作業です。お客さんに提供したアルコールの缶を機械で潰すのですが、これがなかなか膝に来ます。

6月頃だったか、空き缶を潰したときに膝が痛くなって、それ以降サポータをつけて歩き回っている状態です。

肥満も原因の一つかもしれない

また、食生活も脂っこいものが中心なので、太り気味です。アルコールも好きで、毎晩欠かせません。寝る前の1杯飲むビールがとても気持ちいいです。

このため、若いときから20kg近く太っています。今でも、体重は増えていて、体重計に乗るたび、ため息しかでません。

なので、空き缶つぶしと体重が増えたのが膝の不調の原因だと思います。

腰痛も発症してきた

最近では腰も痛くなってきました。20年間の立ち仕事の影響だと思います。特に、きついのは床モップです。深夜の仕事は接客よりも掃除がメイン。広い店内のホールを接客をしつつ、掃除するのは体に応えます。

モップは力仕事ですし、衰えた私の体ではちょっときついです。せめて膝が痛くなければどうにかなるのですが、やはりきついものです。

腰にもヒップエレキバンやサポーターをしており、いつ膝と腰が爆発してもおかしくない状況です。
追い打ちを書けるのが魚の目です。常に魚の目パットをしていますが、それでも痛いです。最近では息子が靴にクッションを敷いてくれているので、ちょっと楽です。
立ち仕事はやはりきついです。

足腰の不調から階段と買い物に困る

f:id:stretch-profesional:20181212145238p:plain

足腰の不調で困っていることは階段と買い物です。あと、寝るときも困ります。

特に階段をのぼるときは膝と腰に激痛が走り、階段をのぼったり、下ったりするのがとても嫌です。

 

2階に上がる階段ですら、エレベーターやエスカレータを積極的に使います。それでも、膝と腰は痛いです。このまま治らないかもしれません。息子からは、「運動してやせたら?」と言われますが、この膝と腰ではちょっと…と思います。

正直、どうなるかとても不安です。

買い物はカートがあるので、歩き回りやすいですがここに問題があります。

棚の高いものを取るときです。足を伸ばすと腰に激痛が走ります。普段は息子に取ってもらうのですが、一人だと苦労します。そんなときは、近くの人にお願いしたいのですが、人見知りの私は声をかけにくくて困ります。

一人で買い物行くたびに腰と膝が痛くなければ、こんなことがないのになと悲しく思います。

寝るときが一番大変

特に寝るときが大変です。膝や腰と魚の目が痛いからです。ベットに行くのもめんどくさくなり、リビングで寝てしまいます。一緒にいる息子からも「早く寝たら?」と言われますが、こっちもわかっています。でも、体が動きません。

寝たきりへの不安

今後困っていることは、いろいろありますが「いつまで働き続けられるのか?」という点が大きいです。正直、深夜の仕事はきついですし、膝はもちろん、魚の目と腰の影響で仕事に行くのも辛いです。眠れなくて、あくびをしつつ仕事に行ったこともあります。

また、寝たきりになるのでは?という不安があります。体は太り続けていますし、膝や腰はいつも悲鳴を上げいます。それに、60代ですし骨ももろくなっているでしょう。

テレビで、親が転んだことをきっかけに寝たきりになったニュースを見ると自分のことではないのか?とビクビクします。

子供に面倒をかけたくないので、できれば避けたいです。それに、働けなくなることによる生活の不安もあります。生活もギリギリですし、年金だけで暮らすには金額も足りません。

正直、どうなるかわかりませんし、息子にも負担をかけます。友人からは聞いた話ですが、介護を苦に自殺する家族もあるそうです。「へ~」と聞きつつ、次は私なのでは?といつもビクビクしています。

サプリメントで痛みを緩和している

f:id:stretch-profesional:20181212145559p:plain

今実施している対策は?

3つの対策をしています。現在の対策のメインは、体に聞くサプリメントを使っています。サプリを取れば、膝やった腰にも聞きそうだなと思ったからです。

毎月2000円位で定期的に購入しています。サプリの中でも特に効き目があったのが、グルコサミンです。グルコサミンを飲んだ翌日は仕事をしても、膝の痛みが軽くなったような気がします。同僚やお客さんからみても「今日は調子いいね」と言われているので、間違いないと思います。

足腰の不調対策は3年以上やっていますが、サプリメントが効果が一番高かったです。次にやっているのが膝のサポーターです。これは、今年の5月くらいからやっています。息子からの誕生日プレゼントだったのですが、効果も高かったです。

軽くて持ち運びもしやすく、洗いやすいとメリットがたくさんあります。何より、サポーターをしていると姿勢もシャキッとしてとても歩きやすいです。

最初はプロのスポーツ選手じゃないんだからと敬遠していましたが、つけてみると本当にいいなと思いました。なので、半年間で効果があったのはサポーターです。

最後に効果があったのはインソールです。サポーターに満足した私は、8月くらいにインソールを買いました。友人から「魚の目にはインソールがいいよ~」と言われたからです。

正直、「インソールだけで変わるわけ無いだろ?」と思っていましたが、効果はすごかったです。魚の目が痛くないですし、あるきやすくサポーターもあり、キレイに歩けます。

サポーターともどもお世話になっています。この3つの対策は金銭的にはちょっと痛いですが、私取っては欠かせないものです。仕事に使う道具や自分の体にお金をかけるのはおすすめですよ。

事前から生活習慣を整えることが大切

f:id:stretch-profesional:20181212145838p:plain

食事・運動は必須

足腰の不調が始まる前に準備しておいたほうが良いことは、健康的な食事、運動、サポート用品です。やはり、この3つは欠かせません。

体にいい食事をしておけば、こんなに太ることもなかったですし、足腰が弱ることもなかったです。病気は未然に防ぐのが一番だと思います。実際、周りを見ても健康的な食事をしている人は足腰に不調はないです。

私のようになる前に食事で未然に防ぐ準備をしたほうがいいと思います。

 

次に運動です。毎日のウォーキングでもかいません。足腰の不調が始まった後だと、運動することも困難です。テレビで見ても私と同世代の人でも運動している人は足腰の不調なく、サクサク動き回っています。

 

足腰の不調が始まる前に運動したほうがいいと思います。最後に道具です。足腰の不調が悪化する前にサポーターやサプリなどを使えば、不調を食い止められる事もできます。私の知り合いに定期的にサプリを飲んで、サポーターをすることで元気に歩き回っている人が多いです。いざというときのために、サプリやサポーターは準備しましょう。

改善したら孫と遊びたい

一番やってみたいことは公園で孫と遊ぶことです。孫は元気でいつも家の中を走り回っています。私も、公園の広場で孫と一緒に楽しく遊びたいです。家の近所にある大濠公園は県内でもとても有名なスポットと言われています。

 

いつか、膝や腰が痛くない状態で、孫と遊ぶのが私のささやかな夢です。
もう一つは階段の上り下りです。正直、2階なのにエレベーターやエスカレーターで降りるのは恥ずかしいです。元気にシャキシャキと階段の上り降りをしたいと思います。