足腰に痛みのある高齢者のリアルな体験記録

高齢者で足腰が悪くて日々苦労している方のリアルな日常や工夫、経験を紹介しています。下肢の筋力低下や病気がきっかけで日常生活に支障がでていることや家族のサポート等を生々しくかつ、今後の皆さんの参考になればと思います。

【スポンサーリンク】

腰痛、膝痛に悩む60代女性の改善方法、日常を取材してみた

膝が痛い

f:id:stretch-profesional:20181213095404p:plain

私は60歳の女性です。

腰も膝も悪いのですが、特に膝が弱いです。

元々は職業柄(事務作業+重量物を運ぶことも多かったことによる)腰痛だったので時々伴ってか膝も痛かったのですが、定期的にかなりの痛みを覚えだし、気を付けるようになっていました。

ただ、一年位前までは、例えば痛んでも1週間もすれば落ち着く、そんな状態だったのですが、気付けば痛みが最初の左のみから右にまで及び、昨年年末前その日も膝が不調だなと思いつつも無理をした瞬間に階段から落ちました。

定期的に通っていた整体に向かう為に小走りをしたところで激痛。

あまりの痛みにタクシーに乗る程だったのですが、そのまま整体へ。

原因はよく分かりませんでした。

後々考えれば、無理をして走ろうとしたことによる肉離れのようなものだったのだろうと思うのですが、痛みがあまりにも酷かったため、外科にも行き、レントゲンを撮った所、どうやら両膝ともに(度合いは違うけれど)変形が見られる、とのことで軽度の膝関節変形症になっていると言う診断に。

ただし、現状出来る事は特にないとのことでそのクリニックでは今現在の痛みを取る意味での鎮痛剤のみ処方されて終わってしまった為、以降は元々通っていた整体での定期的な治療をしている状態です。

とは言え、膝の変形自体はまだ段階としては中度よりは軽度と言う事で痛みの原因が単にそれなのか体重や運動不足によるもののせいかは確定しにくい状況でなんとなく我慢出来る程度と言う状態にあります。

膝の痛みによる生活の不便はどんなものがありますか?

f:id:stretch-profesional:20181216093154p:plain

睡眠障害

痛みが酷かった当初は寝ていても痛かったこと。

現在も眠る姿勢には痛みのある日は注意が必要になるため、足の高さの調整をすることなど必要な点。寝起きは特に痛むことがあるためベッドがから降りる際には注意が必要な点。
ただしこれらは人には見えない所の話したため、実際には良いのか悪いのか慣れてしまえばさほど問題がないことだと思っています。

階段の上り下り

私が特に困るのが、一つ目は最近はましではあるのですが、階段の上がり下りに関してです。

自分自身が痛いこともそうではありますが、右膝が特に上手く曲げ伸ばしが出来ない為、朝夕のラッシュ時に駅で階段を使うことがいささか難しく(人のペースに合わせることが困難)混雑時には人の波が落ち着くまで待つことや譲ることがあります。

素早く動き出せない

また、これも大変恥ずかしく困ることなのですが、数時間にわたって同じ姿勢を取ることがきついため、例えば映画やお芝居、コンサート、また美容院やネイルサロンなど、数時間じっと座っている状態は、その時点では問題無いのですが、そこからさて帰るぞとなった際に膝が固まってしまったかのような状態になるため、さっと動き出すことが出来なくなってしまう事です。

こう言った場所はそのまま施設を出る際即階段と言う事も多くそうなれば激痛で急いで出られない事もよくあり、気付けば一番最後等と言うことも良くある話です。

でもそこで無理をしても単に階段から落ちるため出来ず困ります。

また、もっと高齢であればもしくは見た目に分かるほどおかしい状態であればある意味いいのだろうと思うのですが、見た目年齢的にも日常的にもどうしても外見にはそこまで足が悪いと思ってもらえないため、職場や移動中などで私は今とても足が痛いです、と言えないことです。

周囲にも伝わらない

そうしてある意味これが一番困る点です。
でもどうすれば周りの人に伝わるのか分からない。
結果、一時は恥ずかしいよりそれだ、と杖を持つことを選びました。

そうでないと満員電車で支えがないと急な停車などにバランスがとれないことも多く、また痛いから座りたいと言ったような時にも、傍目に分からなければ若いのになんで、と思われていそうで、それが気になって仕方がなかったからです。

今現在の腰や膝の対策は?

f:id:stretch-profesional:20181211171320p:plain

カイロプラクティックから整体に通う

腰痛のため一時はカイロに通っていました。
勿論これはこれで腰痛には効果があったのですが、金銭的に複数回月に通うことは困難だったところに、階段落ちによる臀部の痛み、ついで膝を壊すと言う不調の連続だったことにより整体へ通うことに。(整形にもいったのですが、これはレントゲンで痛みの原因を確認したのみで終わっております。)

整体の良さは一回5千円のカイロの月一回より、週1~2回の一回480円(保険内)と言う点です。(こちらの整体では時々好みでオプションも付けることもあります。)

長年、色々と通ってみましたが、最終的に私の場合は一回30分程度でも定期的にほぐすことが一番良いように思いこれは現在も続行中です。

基本はあたためたりマッサージをしたり薬を塗る感じですが、オプションとしてお灸なども追加(置き針などをすることも),針も使ったことがあるのですが、これはどうも相性が悪く、終わったあとに痛みをともなうため無理でした。

とはいえこれらのどれが良かったと言うのはわかりませんので、結局は私の場合定期的なメンテナンスが一番だと思っています。

ストレッチも効果的かもしれない

ちなみにこちらのクリニックでは、ストレッチなども教えて下さる為、時々そう言った指導も受けております。
また先に書きました通り、見た目にはまったく分からない問題なので、本当に痛い際には杖を持つことにしました。

折りたためる物にして(最近はないですが)必要が出たら持つと言う感じです。

こうすることで、自分自身本当に悪かった時期は膝への負担はかなり軽減、歩けなくなりタクシーを呼ぶ事態や、たかが100メートルを何度も休み休み歩くような状態からは解放されました。

またそうすることで足が悪いと気付き、気遣って下さる方が多くあったこともありがたく、これは遠慮せず年齢に関係なく持つべきだと感じられました。

足腰の不調が始まる前に準備しておいたほうが良いことは?

f:id:stretch-profesional:20181211172137p:plain

過信しない心を持つこと。
若いから、一時的なものだから(一時的なものだったから)忙しいから、と痛みや不調を放置しておくことは結果的に、症状を悪化し治りにくい体にさせてしまうと思います。
物理的な準備というのがどう言ったものかは分かりかねますが、そうやって自分を過信をしすぎない、その気持ちで気軽に行きやすい自分の条件に見合った病院を早目に見付けておくことも必要に思います。

医者は人ですから、半年に一回来る人の体よりは、それなりに定期的にくる人間の状態の方が当然ですが把握してくれるものだと思いますし、またそうやってちょっとした痛みや不調の段階で顔を出しておくことで、いざと言う時にも慌てず済むように思います。(同様に、複数名の医者が居る場合ある程度決まった人を作っておくことも大事に思えます)

もっとも、本当の意味で足腰の不調が起こる前に準備しておくべきは加齢に対し負けない体作りだと思いますので、定期的な運動や体重管理が出来る事が本当の意味での理想だと思います。

不調が改善したらやりたいことは?

f:id:stretch-profesional:20181214210215p:plain

元々運動は得意でも好きでもないのでその点で困ることはなかったのですが、それでも普通に歩き回りたいです。

今も出来なくはないのですが(安定しているので)、大好きな年一回程度の鎌倉散策もこの2年、足が痛むとどうしようもなくなってしまうため高低差などを気にした上での遠慮がちな足に負担の少ない散策に切り替わっております。

でもとにかく、膝が痛み出すとどうにもならないため、たかが一駅されど一駅という状態のため、ある程度長時間の散歩が出来る事が理想です。